たくらみ屋の企み blog

たくらみ屋 ブログ ダダ漏れ秘密結社

成功体験にしがみつかないためには「特技」に変換する

写真はたくらみ合宿の時にバーベキューの準備をしてくれた、株式会社イメージデザインの田中利和社長。バーベキューは彼の特技、インストラクターの資格も持っています。参加者からは「スッゴーイ!」の驚きの連続。今日はそんな「特技」について考えてみたいと思います。

 

長年取り組んでうまくやってきた事業が転換期にさしかかり、根本的な仕組みや商品開発をやり直さなければならない。あるいは事業転換を考える必要が出てきた。そんな会社は多いのではないでしょうか。

でも今までのアイデアを改良してやっていくのって、結構限界に来ていると思います。

だって、モノやサービスが余っている時代に、それがちょっとばかり良くなったからといって「もう似たもの持ってるし」「いらないもの増えるだけだし」って思うと買われないですよね。

どんどん商品が「溜まる」「淀む」「腐る」ことになっていくだけ。

そうは言っても。。。以前売れたとか成功したとかって体験から抜け出すのって、まあまあ大変。

そんな時、秋田県の剣道の達人、東海林一義さんとのやりとりを思い出します。

 

やってきたことは、標準装備と考える

「東海林さんは若い頃から何十年も経営研修をやって、多くの講師より詳しいくらいですが、自分は講師にはならないのですか?」
「目指した時期もありましたが、今は、それは ”標準装備” で。」

むむ、なるほど!と思いました。

経営相談もできる剣道七段。なかなか凄そうに聞こえませんか? 実際、彼は経営に困った友人の相談によく乗っていました。そうするとご商売の剣道でもダントツの信用を得るのです。「同じ買うなら彼の店だ」となってしまいますね。

得意なことだけども、それはウリにしない。ウリにすると窮屈になるので、標準装備や特技と言ってしまうという感じです。

タクラミストのとくいっち(得居裕江)もデザイン専門学校の学生にこのように言ってたそうです。

「普通の人がデザインができることはすごいことなんよ。デザインができる◯◯になると、とってもいいよ!」

いくらデザインが得意でも、全員がデザイン事務所に入れるわけではない。しかしデザインができる公務員さんとか、税理士さんとか、漁師さんとか居たら、何か素晴らしいものを生み出しそうですよね。

実際とくいっちの教え子の中には

ウェブ制作ができる手芸店の店員さん!
ぬくもりのあるイラストを書いてくれる銀行員!

がいるらしくって、それぞれの場所で活躍しているそうです。とってもいい役割を果たしてそうに思いませんか?

 

「ウリ」にしがみつかない

今まで、あなたのウリは何? 自社のウリは何?と聞かれて、それを確立して来た人は多いと思います。

しかしそのウリの競争が激しくなってきた時、これから縮小していく市場になってきた時、そのウリだけではなかなか売れない感じた時。

そのウリを「特技」と言い換えてみると、別の「ウリ」と組み合わせが簡単になって、全然違う価値を生み出したりするんですね。

成功体験を捨てろ、ともよく言われますが、それはしがみつくなっていう意味に捉えています。しがみつかずに生かせれば一番いいわけです。

だから「成功体験は、特技に変換しちゃう」。どんどん特技を増やせると楽しいですね😊

森本 繁生
Shigeo Morimoto

1966年大阪市生まれ。シナリオタクラミスト。株式会社こきょう 代表取締役。 「教えない」企業研修で何故か参加者の家庭や地域も良くなってしまう。革新の好循環を起こす「プロの素人」。そのためにTOC(制約条件の理論)MG(MQ戦略ゲーム)、20年全国のECショップの現場を飛び回った現場経験、臨床心理学を駆使。 1996年「電脳乞食」が日経グランプリを受賞、最初のたくらみ成功事例となったのをきっかけに、電子商店街「逸品.com」やEコマース勉強会「OSMC」を創設。2009年からMGインストラクター資格、TOC国際認定ジョナ資格などを取得して企業研修に力を入れ始める。 京都大学教育心理学科卒。野鳥観察や坐禅断食を楽しみ、4年半のニュージーランド移住経験を持つ自然好きでもある。特技は忘れ物と日付を間違うこと😃

プロフィールはこちら

関連記事