たくらみ屋の企み blog

たくらみ屋 ブログ ダダ漏れ秘密結社

全体最適のためには「リフレーミング」を促進する

会社や集団が行き詰まった時は「リフレーミング」、つまり全体を作っている枠を取り外して作り直します。カメラのレンズのようにズームイン・ズームアウトで構図を決めるイメージを持つと、全体像がよく見えて変化が起こりだします。

今日のブログはリフレーミングのイメージの共有と実践のコツ、そしてうまくできない人のための対処法を考えてみました。

 

部分だけ良くなっても全体は良くならない、ということは、会社や集団でみんなうすうすわかっていることだと思います。

自分の事務作業が効率的に早くなった! プレゼンが上手く行った! 加工の技術がアップした! 成約率がアップした! それぞれ素晴らしいことですね。

しかし成約率がアップしても、商品が完成していなかったら売れません。
事務作業が早くなっても、お客様に直接は価値は生んでいません。
一生懸命作っても、売ってきてくれる人がいないと給料は上がりません。

一つ一つの足し算ではなくて、掛け算で有機的にいいことがつながって、チームの好循環が起こって、お客様など集団の外部の人に価値を生み出していく。

これが本来の意味で「改善した」ってことになりますよね。

TOC(制約条件の理論)では、これを「全体最適」と言います。つまり全体を捉えることが大事なのです。

しかし、全体ってどうやったら捉えられるんでしょうか? そもそも全体って何なんでしょうか?

それを知るには、カメラと同じように「ズーム」のイメージを持てばいいと思います。

 

見えている全体で行動は変わる

例えば、これは2013年のイギリス旅行で私が撮った白亜の海岸「セブン・シスターズ」の風景。いや〜、素晴らしい風景でした。

それを、ズームアウトとして、立っている位置からの全景が見えるように撮ったのがこれ。

人間の視線では見えない広範囲が映る、超広角レンズを使っています。

わたしは、この写真がこれまでの旅行で撮った写真の中でも一番好きなんです。たぶん、こういうふうに世界を見たいってことが表現されているんでしょうね。

よくプロカメラマンが「風景を切り取る」という言葉を使いますが「俺には世界はこんなふうに見えてるんだぜ!」っていう表現なのかも知れませんね😊 これはプロの話をお聞きしたいです。

一方、ズームアウトしすぎるとココロ動くポイントが全く見えませんね。これ以上遠景ががムリだったので、写真を小さくしてみましたが、セブンシスターズの魅力が見えません。

特徴が見えない、ウリが見えない、個性が見えないってなると「引きすぎ」ってことになるのでしょう。

そういう意味では、全体最適はズームアウト、ズームインというフレーミング、構図づくりと同じかも知れませんね。

 

さて、このズームの使い方一つでは、自分の行動すら変わってくることがあります。

何とかお伝えしたいのですがいい写真がないので、自分の下手くそな絵を描いてみました!

これは、私が小学校の頃からノートに落書きしていた「たいくつ」。まあまあ力抜けるでしょ😊

しかしこれをズームアウトしてみると。。。

おお、たいくつ君は小魚を食べようとしていたのですね! じつは退屈じゃなくて仕事中?

さらにズームアウトしてみると。。。

おお!たいくつ君が危ない!

多分、あなたがたいくつ君に語りかけるとしたら😊 1,2,3でかける言葉は変わっていたでしょう。

1.「お間抜けだね。」
2.「おお、君も仕事してるんだね〜。」
3.「危ない!」

でも、全体の状況はたった1つ。みんな同じ状況なんです。見る全体が変わっただけです。

「部分」の切り取り方が変わると、こんなにもやることが違ってくるんですね。

このように枠組を変えて物事を捉えることは、心理学では「リフレーミング」と呼ばれます。よく「コップに半分しか水が入っていない」と捉えるか、「コップには半分も水が入っている」と捉えるか、と言われる視点です。

リフレーミングが得意な人は、全体最適が得意です。

そもそもどんな全体像を見て今の考えや行動になっているのか? その全体像を捉え直すことができれば、今まで使っていたルールや評価が全部無効になってしまう。

枠をはみ出して考えるのが得意な人は、どんどんリフレーミングをしていっていると思っていいですね。

 

リフレーミングが得意でない人に対しては「鏡になる」

さてリフレーミングは有効なのですが、たくらみ屋が考えたいのはリフレーミングが得意でない人のことです。

「リフレーミング、私は知らず知らずのうちにやっているみたいだし、トレーニングすればもっとできそう!」っていう人は、こちらなどにたくさん詳しい記事がありますので、参考にしてください。

【完全理解】一瞬で世界を変えるリフレーミングの効果と活用事例

どうやら、リフレーミングは得意不得意があるようなのです。

実際に研修などで「全体最適」や「枠外発想」の思考を進めて行こうとしても、どんどんリフレーミングをしていく人と、全くリフレーミングができない人がいるのです。

どうやら今までの経験や、周囲の評価環境、タイミングなどが大きく関わっているようです。

そういう人たちにいくら「リフレーミングしてみよう!」「ルールを無視して考えろ!」って言ってもなかなかできません。

恐らく現在の環境がそうしているのですから、環境自体を変える必要があります。

 

経験・評価・タイミングが原因なら、こんなふうに取り組むこともあります。

1.リフレーミングできる現実があるということ自体を知る
→ 実際に違ったルールで動いている現場見学に一緒に行く、など。

2.リフレーミングを阻む「評価」の正体を掴む
→ 評価者(上司や周辺の人達)の評価をリフレーミングしてみる、など。

3.時間が立てばフレームが動かせることを知る
→ 人と場所を変えてリフレーミングにトライしてみる、など

しかし、これらはまさに対症療法・部分最適ですので(^-^; うまくいくこともあれば、うまく行かないこともあります。

何よりも相手に「リフレーミングして考えてみたい」という欲求が生まれていないので、弱いですね。

それよりもっと簡単にできる、シンプルな方法がありました。

 

それは「オウム返し」。

心理学では「バックトラッキング」と言われる方法です。相手の言うことをよく傾聴して、自分の気持でオウム返しに言い返すのです。

「いや〜、プレゼン前に緊張してきちゃってね。」
「お〜、緊張してきたんだね!」

て感じです。

そうすると、話した相手は自分で自分の姿を鏡で見たように、瞬時に自分を客観視することができます。すると。。。

「そうだよ、俺、緊張してるんだよ!」
「でも前もこんな緊張したことがあってさ!」
「その時は、ガクガクで話し始めたんだけど、最初にマイク落としちゃってさ。」
「緊張しすぎてマイク落としました!って言ったらドッと笑いがあってさ。」
「それから緊張がほぐれてうまくいったんだよね。」
「あ、話してるうちに、うまくいくような気分になってきたわ!」

。。。っていう感じで、勝手に自分で答えを出していくのです!

 

私はこのオウム返しに相当助けられました。

ニュージーランドに移住時代、現地英語がぜんぜんわからない!って困った時がありました。その時はずっとオウム返しで乗り切っていました。

宅配のお兄さん「ピン! ピン!」
(ピンってなんだろう。。。?) 「ピン?」
(書くマネをしながら)「ピン!」
「あー! ペン pen のことね!」

ニュージーランド英語では e が「イ」の発音になることが多いのです。。。(^-^;

 

そうそう、思い出しました。私の大学時代の恩師、ユング心理学の権威の河合隼雄先生はこんなことを言っていました。

家庭内で大騒ぎして困った行動を繰り返す息子を持つお父さんが、こう相談したそうです。

「息子がこの前も、家で大暴れして、畳の上に醤油を撒き散らすのです。。。」

すると、河合先生は涼しい顔で言ったそうです。

「そしたら、お父さんも醤油を撒きなさい。」

それ以来、息子さんは暴れるのをやめたそうです。

これはミラーリング(鏡のように映す)って言うらしいですね。

 

オウム返しすること。鏡になること。どちらも「テクニック」として捉えるとうまくいきません。

相手に、自分の姿を客観的に見えるようにしてあげる。

そうすると、自分で解決策を考える。相手はその力を十分持っていると信じていることも大事。

そういう環境づくりを精一杯お手伝いしようと考えた時に、その気持が通じた時にうまくいくものだと思います。

それは自分自身を捉え直すことができる。究極のリフレーミングですね。

皆さんの全体最適がうまく行きますように。

 

全体最適がうまくいく TOCセミナー一覧はこちら

↓ たくらみ屋メンバーのブログ更新情報やイベント新着情報が届きます😊
↓ お問い合わせもこちらでできます!

森本 繁生
Shigeo Morimoto

1966年大阪市生まれ。シナリオタクラミスト。株式会社こきょう 代表取締役。 「教えない」企業研修で何故か参加者の家庭や地域も良くなってしまう。革新の好循環を起こす「プロの素人」。そのためにTOC(制約条件の理論)MG(MQ戦略ゲーム)、20年全国のECショップの現場を飛び回った現場経験、臨床心理学を駆使。 1996年「電脳乞食」が日経グランプリを受賞、最初のたくらみ成功事例となったのをきっかけに、電子商店街「逸品.com」やEコマース勉強会「OSMC」を創設。2009年からMGインストラクター資格、TOC国際認定ジョナ資格などを取得して企業研修に力を入れ始める。 京都大学教育心理学科卒。野鳥観察や坐禅断食を楽しみ、4年半のニュージーランド移住経験を持つ自然好きでもある。特技は忘れ物と日付を間違うこと😃

プロフィールはこちら

関連記事