たくらみ屋の企み blog

たくらみ屋 ブログ ダダ漏れ秘密結社

【事例】三段階の好循環!

1人の100歩よりみんなの1歩。皆が足並み揃えて歩き出すと、ほとんど投資がなくても素晴らしい好循環が起こることを改めて感じさせていただいた成果報告をいただきました。

社内全員が2日間のTOC研修を受けた東北の酒造会社さん。

毎年ゴールデンウィークの繁忙期に直営レストランでたくさんのお客様をお待たせしてしまうという悩みがありましたが、全体の流れを描いた業務フロー図を全員で共有、業務の詰まりを検討することで改善にチャレンジ!

GW明け、社長さんからの嬉しいご報告メッセージ。何と好循環の三連発です(^-^)

 

【好循環1】

「GWの結果をお伝えします。レストランが、昨年784名、今年は1140名のお客様数です(+356名)。」

なかなかいいですね(^-^) 昨年はお待たせして入れなかったお客様をたくさん入れることができたようです。業務フロー図の話し合いから業務の詰まり = ボトルネック候補を3点に絞ったということ。

・料理出し
「メニュー分析をし、あまり出ないメニューは思い切ってGW中はやめました。また、良く出る料理をおすすめにし、調理場にいくオーダーメニューをなるべく集中するようにしました。そのため半完成品をきちっと準備できたので、綺麗な料理をすばやく出せるようになりました。」

・食器お片づけが忙しくてできず、テーブルが空かない
「レジ回りの流れを改善する工夫をしたり、まだ接客が苦手な新人とパートさんに下膳とテーブルセットをやるよう役割を決めました。」

・お片づけした食器を置くところがない
「洗い場が混雑して下膳した食器がおけないので、ホールに場所をつくり一旦そちらに下げるということをしました。」
テーブルセット、料理出し、お会計、お片づけが全てスムーズに回った結果、直接の投資はしていないにも関わらず前年比145%のお客様にお料理をお楽しみいただくことができたのです(^-^) お待たせしてしまう不満も大幅に減らせたことでしょう。しかし、効果はそれだけにとどまりませんでした。

 

【好循環2】

「レストランだけでなく、隣接の売店の売上も同様の割合で上がりました。」
これは、レストランの客数が増えてしかも流れがスムーズになったため、お食事の後に酒蔵のお酒を気持よく買い求めるお客様が増えたからと推察されます。これで売上アップ効果は2倍。

さらに最も素晴らしかったのは。。。

 

 

【好循環3】

「そして何よりよかったのが、私含め三名が東京のイベントに出店できたことです。6日間でレストラン売上の数倍です。私はレストランが心配で3日に地元に帰る予定でしたが、レストランスタッフから大丈夫といわれたので、6日まで東京出張をのばして、新規のイベントに集中できました。」

多くの現場では「忙しくてたまらない繁忙期にさらにイベントに出たり販促するなんてとんでもない、死んでしまう!」となりがちですが。。。このご報告からは「まだまだいける!」「楽しい!嬉しい!」という声が聞こえてきそうです。

スタッフさんは皆さんこれまでも日頃から頑張っていました、よいお酒造り、レストランでのおもてなし、売店での営業、そしてイベントなどの機会作り。これらが全て繋がり循環して大きな力を発揮されたのは感動的です。

 

「(社長)大成功です! TOCで早速結果がでたので、これからも深めていきたいと思います。」

この大きな成果で満足せず、さらに好循環を創出していただきたいですね(^-^)

 

好循環が起こせる TOCセミナー一覧はこちら

↓ たくらみ屋メンバーのブログ更新情報やイベント新着情報が届きます😊
↓ お問い合わせもこちらでできます!

森本 繁生
Shigeo Morimoto

1966年大阪市生まれ。シナリオタクラミスト。株式会社こきょう 代表取締役。 「教えない」企業研修で何故か参加者の家庭や地域も良くなってしまう。革新の好循環を起こす「プロの素人」。そのためにTOC(制約条件の理論)MG(MQ戦略ゲーム)、20年全国のECショップの現場を飛び回った現場経験、臨床心理学を駆使。 1996年「電脳乞食」が日経グランプリを受賞、最初のたくらみ成功事例となったのをきっかけに、電子商店街「逸品.com」やEコマース勉強会「OSMC」を創設。2009年からMGインストラクター資格、TOC国際認定ジョナ資格などを取得して企業研修に力を入れ始める。 京都大学教育心理学科卒。野鳥観察や坐禅断食を楽しみ、4年半のニュージーランド移住経験を持つ自然好きでもある。特技は忘れ物と日付を間違うこと😃

プロフィールはこちら

関連記事