たくらみ屋の企み blog

たくらみ屋 ブログ ダダ漏れ秘密結社

未来食堂の「ただめし券」的特典をやってみる

子ども商店プログラム説明会に対する教育関係者の皆様の関心の高まり受けて、12月から地元の水都大阪MGのコンセプトを刷新。「未来食堂のただめし券的特典」をやってみることにしました。

まず未来食堂って?ただめし券って?という方は、こちらの記事などをご覧ください。
http://www.mag2.com/p/news/248453

子ども商店プロジェクトって何? ブログ記事
https://takura.me/kodomoshoten

未来食堂のただめし券は感謝と経済が循環する良い仕組みだと私は思います。その考え方を弊社の研修に取り入れて、こうすることにしました。

1.ペア参加1名無料!
2.学びたい学生さんに特典譲渡も可能!

親子家族など、大事な方と一緒に参加する時に「ペア参加1名無料特典」を設けます。同じ職場の方、同業のお仲間、そして学生さん(割り算ができる小学生からOK)の皆さんとも、お誘い合わせの上ご活用いただきます。

そして「ペア参加1名無料特典」を使わない場合、その権利を経営を学びたい学生さんに譲渡することができます。その旨お申し出いただければ、特典を主催者でお預かりし、学生さんに告知させていただきます。

これはつまり、これから「子ども商店学校」展開にご協力いただける方に「まかない」的特典を準備するのがまず一つ。

そしてその「まかない」が使われない場合、「ただめし券」として学びに対してハングリーな学生さんにお配りするというものです。

学生さんにはただ権利をお譲りするだけではなく、お譲りした方のお名前と学生さんに対する思いを書いて伝え、社会との交流を創り出すしくみにしようと思います。

さてどんなことが起こるやら? わからないけど、まずやる、後で直す。

ということで、たくらみベースでの水都大阪MGからこれを始めます。参加希望の方はクローズドイベントにご招待しますのでメッセージくださいね😊

たくらみ屋の研修日程は → こちらのGoogleカレンダーで!

森本 繁生
Shigeo Morimoto

1966年大阪市生まれ。シナリオタクラミスト。株式会社こきょう 代表取締役。 「教えない」企業研修で何故か参加者の家庭や地域も良くなってしまう。革新の好循環を起こす「プロの素人」。そのためにTOC(制約条件の理論)MG(MQ戦略ゲーム)、20年全国のECショップの現場を飛び回った現場経験、臨床心理学を駆使。 1996年「電脳乞食」が日経グランプリを受賞、最初のたくらみ成功事例となったのをきっかけに、電子商店街「逸品.com」やEコマース勉強会「OSMC」を創設。2009年からMGインストラクター資格、TOC国際認定ジョナ資格などを取得して企業研修に力を入れ始める。 京都大学教育心理学科卒。野鳥観察や坐禅断食を楽しみ、4年半のニュージーランド移住経験を持つ自然好きでもある。特技は忘れ物と日付を間違うこと😃

プロフィールはこちら

関連記事