たくらみ屋の企み blog

たくらみ屋 ブログ ダダ漏れ秘密結社

角度を変えると、見える風景が違う

田んぼに白鳥がいる

山形県では、冬になると白鳥が飛来してきます。もうその季節になり、田んぼにはビックリする程の白鳥です。

他から来た人は、「えっ あれ 白鳥?」って驚きます。
「鳩のように 普通に白鳥がいるんですね」

鳥好きの森本さんには大好物の風景。

毎年、この時期 山形にくると、写真をとっていきます。

 

一つの風景でも、角度を変えて見ると、違う風景が見えてくる。

田んぼに白鳥の風景

一つの風景から、角度を変えてみると違う風景が見えてくるって話をしたいと思います。

前に、うちのスタッフから聞いた話です。

「あの白鳥の田んぼ・・・我孫子さん、どう思います?」
「えっ 綺麗だよね。しかも 都会の人たちは珍しいって言うよね」

「あれね・・・」

田んぼに白鳥がいるのは、「落ち穂を食べに来ている」訳です。
でも よくよく見ると、白鳥のいる田んぼって集中しているんです。

なぜ?

「我孫子さん、農機具メーカーさんは、あの風景を見て・・」
「あああ あの田んぼの持ち主は、古い農機具を使っている。」
「営業の見込み客だ!!」

なんと、白鳥のいる田んぼは、営業の見込み客なんです!!

一つの風景を見ていても、ぼーーと見ているのと、違う風景が見える人がいるんだ。
立場が変わると、考え方も変わるんですね。

尚、この件の事実確認はとれていません。都市伝説(田舎伝説)かもしれません。

 

たくらみ屋のセミナーでは図解をよく使います。

たくらみ屋のセミナーにでると、よく△を使って、図解しながら説明しますよね。

数年前に、森本さんが多部田さんとお会いして、その図解の良さを説明に活用するようになりました。
多部田さんのサイトはこちら

先日、私もやった飲み会でお会いすることが出来ました。
(わずか数分の会話でしたが)

田んぼ白鳥を図解で深読み

田んぼに白鳥がいる風景を
図解で深読みをするのを動画でやってみました。

昨日から、動画で図解シリーズ 面白そうなので やっています。

まだ慣れていないので、ぎこちない所はご了承下さいね。

我孫子 勝広
Katsuhiro Wabiko

山形県鶴岡市生まれ。北海道教育大学卒。合資会社そふと代表。ワビタン代表。「祝い似顔絵」の似顔絵サイトを複数運営。農業TOC、農業コンサル、夢寸劇、HP制作、WEBコンサル、PPCコンサルの「ワビタン」運営。PPC広告と分析を専門に行う。「ヤマガタwebビジネス研究会」会長。ネットショップセミナー開催。思考プロセス、集客戦略プロセスを考えるのが趣味。

プロフィールはこちら

関連記事